簿記

ひろゆき氏「無職、職歴なしでも簿記の資格を持っているだけで就職できる」について、日商簿記1級取得者の感想

2021年4月17日

ひろゆき氏がユーチューブで簿記の資格取得と就職について、アドバイスをしていました。

結論から申し上げますと、私もひろゆき氏と同じ見解です。



ユーキャンの人気講座ランキング:今なら人気11講座が5,000円割引!おトクなキャンペーンは10/15(金)まで

質問内容

大卒後、無職、職歴なしでバイト経験はあるが、軽度の自閉症などが原因で引きこもっている27歳からの質問。

「さすがに働こうと思い、ルーティンワークで黙々とできるであろう経理での就職を望み、簿記の勉強と就職活動を進めています。

これでいいのかと思うことが多く不安です。なにかアドバイスをいただければ嬉しいです。」

 

ひろゆき氏の回答

「簿記の資格を持っているだけで全然(就職)できます。

簿記の仕事をしているけど、簿記の免許(資格)を持っていない人とかいるので、簿記の免許(資格)を持っているだけで、結構受かる可能性が高いので。

まだ20代なので、40代無職・職歴なしだと、結構キツイんですけど、20代で簿記2級を取っている人だと、ちゃんと、まぁまぁ頭の回る人だなと思われるので、資格取得頑張ってください。」

 

また、ひろゆき氏は別の動画でオススメする資格に簿記検定を挙げていました。
「簿記取っとくと良いんじゃない?経理はどこの会社も必要としています。普通に簿記持ってますって応募すると、どっかで採用されたりするので。」

 

感想

ひろゆき氏が簿記に関することについて、詳しくて驚きました。

経理の仕事をしている人でも簿記の資格を持っていない人はいるので、無職・職歴なしでも簿記の資格があるだけで経理職に就職できる確率がアップします。

転職を考えている人も簿記の資格を取っておけば、次の仕事が見つかりやすいです。

無職から抜け出すために、前に進もうとしている質問者が簿記検定に合格して就職できるよう陰ながら応援します。

人気【体験談】ネットスクールの日商簿記1級講座ってどうなの?【予備校の比較・評判】

-簿記

© 2021 BIT 会計ファイナンス