転職

【最新版】経理職の平均年収は低い?【年齢別・男女別・資格別・企業別】

2021年1月9日

経理の年収が気になる人「経理職の年収を知りたい。日商簿記2級の資格を持ってると給料が上がると聞くけど、実際はどうなんだろう。年収を上げるためのポイントがあれば、ぜひ知りたいです。」

 

このような疑問にお答えします。

 

経理職の年収と国内平均の比較

転職サービスdoda によると、2020年の「経理職の平均年収」と「国内の平均年収」は下記のとおりです。

経理職の平均年収 国内の平均年収
509万円 409万円

 

ココがポイント

国内の平均年収は409万円なので、経理職は国内平均の1.2倍以上高い年収が得られる職業です。

 

年齢別の平均年収

20代 30代 40代 50代~
388万円 511万円 600万円 684万円

出典:転職サービスdoda

年齢別に見ると、年齢が上がるほど給料が高くなっています。 これは経理職に限ったことではなく、日本企業の多くは年功序列になっています。

 

 

男女別の平均年収

平均年収 男性 女性
509万円 556万円 425万円

出典:転職サービスdoda

経理職の場合、男性の方が女性より約1.3倍高い年収です。

 

実務経験と資格別

(出典:一般社団法人 人材サービス産業協議会「転職賃金相場2020 」)

 

未経験者だと年収300万円~399万円が多いことが分かります。

資格別に着目すると、日商簿記3級の場合では年収300万円~399万円が多いことが分かります。

日商簿記2級以上を持っていると、年収400万円以上は期待できそうです。

ココがポイント

「実務経験3年以上」「日商簿記2級以上」「上場企業での経験」だと年収600万円以上のゾーンが多くなります。

 

大企業と中小企業

大企業の経理職の平均年収は約600万円です。

大企業の経理職の年収が高いのは、予算編成や経営戦略の再考など、経営陣の意思決定を支援する部門としての役割を担うからです。

連結決算業務や監査法人とのやり取り、株主総会の対応、外国会計基準などの知識が求められるポジションだと年収1,000万円以上の人もいます。

 

中小企業の経理職の平均年収は約400万円です。

大企業よりも約200万円も低い年収になっています。

中小企業の場合、日商簿記3級程度の知識があれば日常的な業務をこなせるので、実務経験を積んでも年収は上がりにくいです。

 

年収を上げるためのポイント

経理職で年収を上げるポイントは下記のとおりです。

  • 日商簿記2級以上
  • 上場企業での実務経験
  • できるだけ若いうちに転職活動をする

ココがポイント

経理の実務経験者なら、上場企業にステップアップできるチャンスです。

 

経理職に強い転職サイト・転職エージェント

  • マイナビエージェント:知名度の高いマイナビ。大手で案件も豊富なので初めての相談でも安心。
  • doda(デューダ):dodaにしかない独占求人あり。登録すると企業から書類選考なしのオファーが来るスカウト機能あり。

 

 

-転職

© 2021 BIT 会計ファイナンス