送金為替手形

簿記

送金為替手形は現金?受取手形?【通貨代用証券、現金の範囲】

2020年1月10日

簿記の勉強をしていると現金の範囲について迷うことがあると思います。
現金なので硬貨や紙幣といった通貨のことだけをイメージしてしまいがちですが、簿記では現金勘定で処理するものは通貨だけではなく、通貨代用証券も含んでいます。通貨代用証券は、即座に換金できるので簿記では現金勘定として処理します。

したがって、送金為替手形は「現金」として処理します。

 

通貨代用証券とは

通貨代用証券は、金融機関などで簡単に現金と交換することできます。また、支払手段として他人に譲渡することができる点が特徴です。

通貨代用証券には次のものがあります。

①他人振出の当座小切手
銀行に持参すると貨幣に換えることができる。

②利払日の到来した公社債の利札(クーポン)
金融機関に持参すると貨幣に換えることができる。

③配当金領収書
金融機関に持参すると貨幣に換えることができる。

④送金小切手
送金小切手とは、送金人が受取人に都合がよい場所の銀行を店舗を支払い場所に指定し、送金額等を払い込んで発行されるものです。
送金人は送金小切手を受取人に送付し、受取人は送金小切手を支払場所に提示して現金を受け取ります。

⑤送金為替手形
送金為替手形とは、小切手ではなく銀行を支払人とする為替手形が用いられる場合に、当該為替手形を送金為替手形といいます。

⑥郵便為替証書・振替貯金払出証書
郵便局に持参すると貨幣に換えることができる。

⑦預金小切手・預金手形
銀行が自分の店舗を支払人として振り出す自己宛小切手のことをいいます。

⑧国庫補助金支払命令書
国庫補助金とは「国庫支出金」の一つで、特定の施策を奨励するため又は財政援助のために交付するお金です。

 

通貨代用証券と混同しがちなもの

①自己振出の当座小切手
→当座預金勘定

②収入印紙
→貯蔵品勘定または租税公課勘定

③はがき・切手
→通信費勘定

④電車・バスの回数券
→旅費交通費

⑤先日付小切手
→受取手形勘定
先日付小切手は、将来の一定の期日までは金融機関に提出することができないので、「現金」勘定ではなく「受取手形」勘定として処理します。

⑥譲渡性預金の預金証書
→有価証券勘定

 

具体例

設例1

A株式会社の金庫に入っているものを確認したところ、以下のものがあった。

現金500,000円、利払日の到来した公社債の利札1,000円、未使用の収入印紙2,000円、先日付小切手100,000円

 
【解答・解説】
現金501,000円、貯蔵品2,000円、受取手形100,000円

設例2

20x5年3月31日にA株式会社の金庫に入っているものを確認したところ、以下のものがあった。

A社が振出した小切手で金庫に保管してあったもの100,000円
配当金領収書1,000円
郵便為替証書700円
収入印紙500円
未使用の電車の回数券3,000円
C株式会社から受け取った小切手300,000円(小切手の日付は20x5年4月3日)

 
【解答・解説】
当座預金100,000円、現金1,700円、貯蔵品3,500円、受取手形300,000円

設例3

次の資料に基づき、決算日における現金の実際有高を求めなさい。

(資料)
決算日において金庫を調べたところ、次のものが保管されていた。

①他人振出当座小切手 80,000円

②先日付小切手 50,000円

③自己振出小切手 30,000円

④紙幣・硬貨 37,250円

⑤郵便切手 3,000円

⑥株主配当金領収証 20,000円

⑦公社債利札(期限到来済み5,000円、期限到来前1,000円)

⑧未渡小切手 10,000

⑨国庫補助金支払命令書 15,000円

⑩収入印紙 1,200円

 
【解答・解説】
現金の実際有高157,250円

①他人振出当座小切手 80,000円
→ 現金勘定

②先日付小切手 50,000円
→受取手形勘定

③自己振出小切手 30,000円
→当座預金勘定

④紙幣・硬貨 37,250円
→ 現金勘定

⑤郵便切手 3,000円
→貯蔵品勘定

⑥株主配当金領収証 20,000円
→現金勘定

⑦公社債利札
(期限到来済み5,000円→現金勘定、期限到来前1,000円→処理不要)

⑧未渡小切手 10,000
→当座預金勘定

⑨国庫補助金支払命令書 15,000円
→現金勘定

⑩収入印紙 1,200円
→貯蔵品

設例4

次の取引の仕訳を示しなさい。

①株主配当金領収証5,000円がA社から送付された。

②得意先であるA社に対する売掛金30,000円についてA社振出の小切手で回収した。

 
【解答・解説】

借方 金額 貸方 金額
現金 5,000 受取配当金 5,000

借方 金額 貸方 金額
現金 30,000 売掛金 30,000

 

まとめ

送金為替手形は「現金」として処理をする。
現金の範囲は、現金=通貨+通貨代用証券

まずは通貨代用証券がどういうものなのか正確に把握しておくことが重要です。
通貨代用証券の範囲を把握することができれば、現金の問題は簡単に解くことができます。


-簿記

© 2021 BIT 会計ファイナンス