総売上高・純売上高

簿記

総売上高と純売上高の違い【損益計算書の売上高はどっちで表示する?】

2020年1月24日

売上高には「総売上高」と「純売上高」の2種類あります。
総売上高と純売上高の違いは、返品・値引・割戻の取り扱いです。

総売上高と純売上高は混同しやすい論点なので注意してください。



ユーキャンの人気講座ランキング:今なら人気11講座が5,000円割引!おトクなキャンペーンは10/15(金)まで

総売上高

総売上高とは、売上値引き・売上割戻し・売上戻り(返品)といった売上高控除項目を減少させる前の売上高をいいます。

例)
売上100,000円、売上値引き1,000円、売上割戻し1,000円、売上戻り1,000円だった場合の総売上高はいくらか?

<答え>
総売上高:100,000円

値引きなどを考慮しない金額が総売上高だよ。

人気ひろゆき氏「無職、職歴なしでも簿記の資格を持っているだけで就職できる」について、日商簿記1級取得者の感想

 

純売上高

純売上高とは、総売上高から売上値引き・売上割戻し・売上戻り(返品)といった売上高控除項目を減少させた後の売上高をいいます。

例)
売上100,000円、売上値引き1,000円、売上割戻し1,000円、売上戻り1,000円だった場合の純売上高はいくらか?

<答え>
純売上高:97,000円
売上100,000円-売上値引き1,000円-売上割戻し1,000円-売上戻り1,000円=97,000円

値引きなどを考慮した後の金額が純売上高だよ。

計算式

純売上高=総売上高-(売上値引き+売上割戻し+売上戻り)

人気日商簿記2級は難易度が上がった?【過去の合格率と比較】

 

消費税等の取扱い

消費税等の取扱いは会社によって異なります。
総売上高に消費税等を含めて処理する会社もあれば、含めない会社もあります。
純売上高についても同様です。

どちらも正しい処理です。

消費税等の会計処理には税抜方式と税込方式の​​2種類がありますが、税抜方式の方が一般的です。

 

税抜方式の場合

・商品110,000円(税込)をで売り上げ、代金は掛けとした。なお、消費税等は10%である(以下同じ)。

借方 金額 貸方 金額
売掛金 110,000 売上 100,000
仮受消費税等 10,000

 

・売り上げた商品のうち2,200円(税込)の返品を受けた。

借方 金額 貸方 金額
売上 2,000 売掛金 2,200
仮受消費税等 200

 

・売り上げた商品について1,100円(税込)の値引きをした。

借方 金額 貸方 金額
売上 1,000 売掛金 1,100
仮受消費税等 100

 

【解答・解説】
・総売上高:100,000円

・純売上高:100,000円-2,000円(返品)-1,000円(値引き)=97,000円

税抜方式の場合、総売上高・純売上高ともに消費税等は含めません。

 

税込方式の場合

・商品110,000円(税込)をで売り上げ、代金は掛けとした。なお、消費税等は10%である(以下同じ)。

借方 金額 貸方 金額
売掛金 110,000 売上 110,000

 

・売り上げた商品のうち2,200円(税込)の返品を受けた。

借方 金額 貸方 金額
売上 2,200 売掛金 2,200

 

・売り上げた商品について1,100円(税込)の値引きをした。

借方 金額 貸方 金額
売上 1,100 売掛金 1,100

 

【解答・解説】
・総売上高:110,000円

・純売上高:110,000円-2,200円(返品)-1,100円(値引き)=106,700円

税込方式の場合、総売上高・純売上高ともに消費税等を含めます。

 

損益計算書(P/L)の売上高

損益計算書(P/L)の売上高は純売上高で表示します。

P/L:jyunuriagedaka

補足

  • 売上値引きとは、商品の破損や品質不良などの理由により、売上代金から控除される金額をいいます。
  • 売上割戻しとは、一定期間に多額または多量の取引をした得意先に対して、売上代金の一部を減額することをいいます。商品をたくさん買ってくれたお礼に安くしてあげたというイメージです。売上割戻しはリベートと呼ばれることもあります。
  • 売上戻りとは、商品の品違いなどの理由によって購入者から販売者に商品を返すことをいいます。「売上戻り」と「売上返品」は同じ意味です。

 

レジの総売上と純売上

  • 総売上とは、値引きや割引をする前の商品登録の合計金額のことです。
  • 純売上とは、値引きや割引をした後の商品登録の合計金額のことです。

 

具体例

設問1

総売上高と純売上高を答えなさい。

①6月10日にA社はB社に商品を10,000円(単価1,000円×10個)で掛販売した。

借方 金額 貸方 金額
売掛金 10,000 売上 10,000

 

②6月12日に売り上げた商品について500円の値引きをした。

借方 金額 貸方 金額
売上 500 売掛金 500

 

③6月15日に700円の売上割戻しを行った。

借方 金額 貸方 金額
売上 700 売掛金 700

 

④6月17日にB社から売り上げた商品のうち2,000円の返品を受けた。

借方 金額 貸方 金額
売上 2,000 売掛金 2,000

 

【解答・解説】
総売上高:10,000円 純売上高:7,500円

総売上高は売上値引き、売上割戻し、売上戻りを控除する前の金額なので10,000円です。

純売上高は10,000円-500円(売上値引き)-700円(売上割戻し)-2,000円(売上戻り)=6,800円です。

 

設問2

総売上高と純売上高を答えなさい。

①7月11日にA社はB社に商品を30,000円(単価3,000円×10個)で掛販売した。

借方 金額 貸方 金額
売掛金 30,000 売上 30,000

 

②7月14日に売り上げた商品のうち2,000円の返品を受けた。

借方 金額 貸方 金額
売上 2,000 売掛金 2,000

 

③7月15日に売り上げた商品について500円の値引きをした。

借方 金額 貸方 金額
売上 500 売掛金 500

 

④7月18日に700円の売上割戻しを行った。

借方 金額 貸方 金額
売上 700 売掛金 700

 

⑤7月20日にB社が期限よりも早く支払いをしたため、500円の売上割引を行った。

借方 金額 貸方 金額
売上割引 500 売掛金 500

 

【解答・解説】
総売上高:30,000円 純売上高:26,800円

総売上高は売上値引き、売上割戻し、売上戻りを控除する前の金額なので30,000円です。

純売上高は30,000円-2,000円(売上戻り)-500円(売上値引き)-700円(売上割戻し)=26,800円です。

ポイント

売上割引は営業外費用です。
上記の7月20日の仕訳を見てもわかる通り、総売上高から控除しません。

売上割引とは、売掛金の代金が支払期限前に支払われた場合に、その早く代金を支払った期間分の利息相当の金額を営業外費用として処理します。

 

まとめ

具体例

  • 値引きなどを考慮しない金額が総売上高。
  • 値引きなどを考慮した後の金額が純売上高。
  • 純売上高=総売上高-(売上値引き+売上割戻し+売上戻り)
  • 損益計算書(P/L)の売上高は純売上高で表示する。
あわせて読みたい
経理職 転職
日商簿記3級に合格したら経理職に転職できる?

経理職に転職を考える人「日商簿記3級に合格したら経理職に転職できるかな?実務経験がないと無理なのかな。経理職に求められているスキルはどの程度なんだろう。」 このような疑問にお答えします。   ...

続きを見る

【経理初心者にオススメ】

-簿記

© 2021 BIT 会計ファイナンス