未払費用と未払金

簿記

「未払費用と未払金」「未収収益と未収金」の違い

2020年2月12日

「未払費用と未払金」「未収収益と未収金」は似たような言葉で混同しがちですが、簿記では明確に区別されて使われています。

「未払費用、未収収益」は経過勘定項目です。一方、「未払金、未収金」は未決済項目です。
これらの違いは下記の通りです。

 

未払費用と未払金

未払費用とは、一定の契約に従い継続して役務の提供を受ける場合で、すでに提供を受けた役務に対して、いまだ対価の支払いが完了していないものをいいます。

未払金とは、一定の契約に従い継続して役務の提供を受ける場合以外で、本来の営業取引(商品売買)以外の取引によって生じた債務のことをいいます。

 

未収収益と未収金

未収収益とは、一定の契約に従い継続して役務の提供を行う場合で、すでに提供した役務に対して、いまだ対価の支払いを受け取っていないものをいいます。貸借対照表の流動資産に計上されます。

未収金とは、一定の契約に従い継続して役務の提供を行う場合以外で、本来の営業取引(商品売買)以外の取引によって生じた債権のことをいいます。未収金は「未収入金」と呼ばれることもあります。

 

具体例

設例1

次の各時点における仕訳を示しなさい。なお、当期は20x2年1月1日から12月31日である。

①10月1日に 現金1,000,000円を利子率3%、利払日9月30日の条件で借り入れた。

②12月31日、当期分の利息7,500円を見越す決算整理仕訳を行った。

【解答・解説】
①10月1日

借方 金額 貸方 金額
現金 1,000,000 借入金 1,000,000

②12月31日

借方 金額 貸方 金額
支払利息 7,500 未払利息(未払費用) 7,500

当期分の支払利息は、一定の契約に従い継続して役務の提供を行う場合で、すでに提供を受けた役務に対して、いまだ対価の支払いが完了していないものなので、「未払利息(未払費用)」勘定として処理します。

 

設例2

次の各時点における仕訳を示しなさい。

①5月12日、A社はB社へ機械500,000円を購入し、代金は後日支払うこととした。

②5月25日、B社から5月12日に購入した機械の代金を現金で支払った。

【解答・解説】
①5月12日

借方 金額 貸方 金額
機械 500,000 未払金 500,000

②5月25日

借方 金額 貸方 金額
未払金 500,000 現金 500,000

機械の購入は、一定の契約に従い継続して役務の提供を受ける場合以外で、本来の営業取引(商品売買)以外の取引によって生じた債務なので「未払金」勘定で処理します。

 

設例3

次の各時点における仕訳を示しなさい。なお、当期は20x2年1月1日から12月31日である。

①10月1日に 現金1,000,000円を利子率3%、利払日9月30日の条件で貸し付けを行った。

②12月31日、当期分の利息7,500円を見越す決算整理仕訳を行った。

【解答・解説】
①10月1日

借方 金額 貸方 金額
貸付金 1,000,000 現金 1,000,000

②12月31日

借方 金額 貸方 金額
未収利息(未収収益) 7,500 受取利息 7,500

当期分の受取利息は、一定の契約に従い継続して役務の提供を行う場合で、すでに提供を受けた役務に対して、いまだ対価の受け取りが完了していないものなので、「未収利息(未収収益)」勘定として処理します。

 

設例4

次の各時点における仕訳を示しなさい。なお、当期は20x2年1月1日から12月31日である。

①4月10日、A社はB社へ土地9,000,000円を10,000,000円で売却し、代金は後日受け取ることとした。

②7月25日、B社から4月10日に売却した土地の代金10,000,000円が当座預金に入金された。

【解答・解説】
①4月10日

借方 金額 貸方 金額
未収金 10,000,000 土地 9,000,000
土地売却益 1,000,000

②7月25日

借方 金額 貸方 金額
当座預金 10,000,000 未収金 10,000,000

土地の売却は、一定の契約に従い継続して役務の提供を行う場合以外で、本来の営業取引(商品売買)以外の取引によって生じた債権なので、「未収金」勘定で処理します。

 

まとめ

未払費用・未収収益(経過勘定項目)は「一定の契約に従い継続して行う役務の提供に該当する取引」がポイントです。
未払金・未収金(未決済項目)は「一定の契約に従い継続して行う役務の提供に該当しない取引」がポイントです。

-簿記

© 2021 BIT 会計ファイナンス