簿記

【簿記】消費税の発生時から納付・還付時までの仕訳をわかりやすく解説【税抜方式・税込方式】

2022年3月29日

消費税は国内における商品の販売やサービスの提供に課される税金で、最終的に消費者が負担する税金です。

この記事では、消費税の発生時から納付・還付までの消費税の会計処理について解説します。

人気【2022年版】日商簿記2級は難易度が上がった?【過去の合格率と比較】

勘定科目

勘定科目(表示科目) 表示区分
仮払消費税等 資産
仮受消費税等 負債
未払消費税等 流動負債
未収還付消費税(未収消費税等) 流動資産
雑収入 営業外収益
租税公課 販売費及び一般管理費

仮払消費税等と仮受消費税等は決算時に相殺消去をするため、貸借対照表には計上されません。

 

税抜方式

税抜方式とは、本体価格と消費税を区分して処理する方法です。消費税額を売上や仕入などに含めないで仕訳をします。

 

売上時

受け取った消費税は、最終的に国や地方自治体に納付しなければならないので、仮受消費税等勘定で処理します。

<例>

商品11,000円(本体価格10,000円、消費税等1,000円)を販売し、代金は現金で受け取った。

借方 金額 貸方 金額
現金 11,000 売上 10,000
仮受消費税等 1,000

 

仕入時

支払った消費税は、仮払法人税等勘定で処理します。

<例>

商品4,400円(本体価格4,000円、消費税等400円)を仕入れ、代金は現金で支払った。

借方 金額 貸方 金額
仕入 4,000 現金 4,400
仮払消費税等 400

 

貸倒時

前期発生の売上債権の場合

<例>

前期発生の売掛金5,500円が貸し倒れた。

借方 金額 貸方 金額
仮受消費税等 500 ※1 売掛金 5,500
貸倒引当金 5,000 ※2

※1 5,500円÷1.1×10%=500円
※2 5,500円-500円=5,000円

 

当期発生の売上債権の場合

<例>

当期発生の売掛金5,500円が貸し倒れた。

借方 金額 貸方 金額
仮受消費税等 500 ※1 売掛金 5,500
貸倒損失 5,000 ※2

※1 5,500円÷1.1×10%=500円
※2 5,500円-500円=5,000円

 

決算時

決算時に、仮受消費税等と仮払消費税等を相殺し、差額を未払消費税等勘定(納付の場合)又は未収還付消費税勘定(還付の場合)で処理します。

 

仮受消費税等>仮払消費税等

仮受消費税等の方が大きかった場合の差額は納税額として、未払消費税等勘定で処理します。

<例>

決算になり、仮受消費税等180,000円と仮払消費税等150,000円を相殺した。なお、当社は税抜方式を採用している。

借方 金額 貸方 金額
仮受消費税等 180,000 仮払消費税等 150,000
未払消費税等 30,000

 

仮受消費税<仮払消費税

仮払消費税等の方が大きかった場合の差額は還付額として、未収還付消費税勘定で処理します。

<例>

決算になり、仮受消費税等100,000円と仮払消費税等120,000円を相殺した。なお、当社は税抜方式を採用している。

借方 金額 貸方 金額
仮受消費税等 100,000 仮払消費税等 120,000
未収還付消費税 20,000

 

納付時

確定申告をして消費税を納付したときは、未払消費税等勘定を減少させます。

<例>

消費税の確定申告を行い、未払消費税30,000円を現金で支払った。

借方 金額 貸方 金額
未払消費税等 30,000 現金 30,000

 

還付時

消費税の還付金を受け取ったときは、未収還付消費税勘定を減少させます。

<例>

決算時に計上した未収還付消費税20,000円を現金で受け取った。なお、当社は税抜方式を採用している。

借方 金額 貸方 金額
現金 20,000 未収還付消費税 20,000

 

 

税込方式

税込方式とは、本体価格と消費税を区分せずに処理する方法です。消費税額を売上や仕入などに含めて仕訳をします。

 

売上時

税込方式では本体価格と消費税を区分しないので、税込み金額で売上の計上を行います。仮受消費税等勘定は使用しません。

<例>

商品11,000円(本体価格10,000円、消費税等1,000円)を販売し、代金は現金で受け取った。

借方 金額 貸方 金額
現金 11,000 売上 11,000

 

仕入時

税込み金額で仕入の計上を行います。仮払消費税等勘定は使用しません。

<例>

商品4,400円(本体価格4,000円、消費税等400円)を仕入れ、代金は現金で支払った。

借方 金額 貸方 金額
仕入 4,400 現金 4,400

 

貸倒時

前期発生の売上債権の場合

<例>

前期発生の売掛金5,500円が貸し倒れた。

借方 金額 貸方 金額
貸倒引当金 5,500 売掛金 5,500

 

当期発生の売上債権の場合

<例>

当期発生の売掛金5,500円が貸し倒れた。

借方 金額 貸方 金額
貸倒損失 5,500 売掛金 5,500

 

決算時

受け取った消費税(仮受消費税等)の方が大きかった場合の差額は、貸方に未払消費税等勘定、借方に租税公課勘定で処理します。

支払った消費税(仮払消費税等)の方が大きかった場合の差額は、借方に未収還付消費税勘定、貸方に雑収入勘定で処理します。

 

預かった消費税(仮受消費税)の方が大きいケース

決算において消費税を計上した。売上にかかる消費税(仮受消費税等)100,000円、仕入にかかる消費税(仮払消費税等)120,000円であった。なお、当社は税込方式を採用している。

借方 金額 貸方 金額
租税公課 30,000 ※1 未払消費税等 30,000

※1 180,000円-150,000円=30,000円

 

支払った消費税(仮払消費税)の方が大きいケース

決算において消費税を計上した。売上にかかる消費税(仮受消費税等)100,000円、仕入にかかる消費税(仮払消費税等)120,000円であった。なお、当社は税込方式を採用している。

借方 金額 貸方 金額
未収還付消費税 20,000 雑収入 20,000

 

納付時

確定申告をして消費税を納付したときは、未払消費税等勘定を減少させます。

<例>

消費税の確定申告を行い、未払消費税30,000円を現金で支払った。

借方 金額 貸方 金額
未払消費税等 30,000 現金 30,000

 

還付時

消費税の還付金を受け取ったときは、未収還付消費税勘定を減少させます。

<例>

決算時に計上した未収還付消費税20,000円を現金で受け取った。なお、当社は税抜方式を採用している。

借方 金額 貸方 金額
現金 20,000 未収還付消費税 20,000

 

まとめ

  • 消費税の会計処理は「税抜方式」と「税込方式」がある。
  • 税抜方式は、本体価格と消費税を区分して処理する方法。消費税額を売上や仕入などを含めずに仕訳をする。
  • 税込方式は、本体価格と消費税を区分せずに処理する方法。消費税額を売上や仕入などを含めて仕訳をする。
  • 決算時に、仮受消費税等と仮払消費税等を相殺し、差額を未払消費税等勘定または未収還付消費税勘定に計上する。

-簿記

© 2022 BIT 会計ファイナンス