為替予約 同時

簿記

【簿記】為替予約を取引発生時に同時予約した場合の仕訳・会計処理【振当処理・独立処理】

2021年6月12日

この記事では、為替予約を取引発生時に同時予約した場合の仕訳・会計処理について解説します。

振当処理(非資金取引の場合)

「売上」や「仕入」などの非資金取引について、取引発生時に為替予約を締結した場合には、外貨建取引と外貨建金銭債権・債務に予約レートで円換算することができます。
この方法は、実務上の煩雑さを考慮した簡便的な処理です。

<例>
振当処理による各時点の仕訳を示しなさい。

(1) x1年12月31日(取引日・予約日)
(2) x2年3月31日(決算日)
(3) x2年5月31日(決済日)

当社はx1年12月31日に商品100ドルを仕入れ、代金は掛とした。この掛代金について輸入と同時に為替予約を付した。代金の決済はx2年5月31日である。
なお、当社の会計期間は4月1日から3月31日である。

 

日付 直物レート(SR) 先物レート(FR)
x1年12月31日(取引日・予約日) 105円 102円
x2年3月31日(決算日) 108円 103円
x2年5月31日(決済日) 110円 110円

 

【解答・解説】
(1) x1年12月31日(取引日・予約日)

借方 金額 貸方 金額
仕入 10,200 ※1 買掛金 10,200

※1 100ドル×FR102円=10,200

 

(2) x2年3月31日(決算日)

仕訳なし

 

(3) x2年5月31日(決済日)

借方 金額 貸方 金額
買掛金 10,200 当座 10,200

 

 

振当処理(資金取引の場合)

資金取引について、取引発生時に為替予約を締結した場合には、外貨建取引は直物レートで円換算し、外貨建金銭債権・債務は予約レートで円換算します。取引日の為替相場と予約日の為替相場が同じであるため直々差額はゼロになります。つまり、為替予約差額は全額直先差額となります。

 

<例>
振当処理による各時点の仕訳を示しなさい。

(1) x1年1月1日(取引日・予約日)
(2) x1年3月31日(決算日)
(3) x1年4月1日(期首)
(4) x1年12月31日(返済日)

当社はx1年1月1日に100ドル(返済日:x1年12月31日、年利4%、利息後払い)の借入を行い、同時に元利総額について為替予約を行った。
なお、当社の会計期間は4月1日から3月31日である。

 

日付 直物レート(SR) 先物レート(FR)
x1年1月1日(取引日・予約日) 105円 102円
x1年3月31日(決算日) 108円 103円
x1年12月31日(返済日) 110円 110円

 

【解答・解説】
(1) x1年1月1日(取引日・予約日)

借方 金額 貸方 金額
当座 10,500 ※1 借入金 10,200 ※2
前受収益 300 ※3

※1 100ドル×SR105円=10,500
※2 100ドル×FR102円=10,200
※3 差額または100ドル×(SR105円-FR102円)=300

 

(2) x1年3月31日(決算日)

借方 金額 貸方 金額
前受収益 75 ※1 為替差損益 ※3 75
支払利息 102 ※2 未払利息 102

※1 300×3月/12月=75
※2 100ドル×4%×3月/12月×FR102円=102

元利総額について為替予約を行っているので、予約日FR102円で支払利息を算定します。

※3 直先差額の当期配分額を利息の調整とする容認処理では、「支払利息」で処理することも認められています。原則は「為替差損益」で処理します。

 

(3) x1年4月1日(期首)

借方 金額 貸方 金額
未払利息 102 支払利息 102

 

(4) x1年12月31日(返済日)

借方 金額 貸方 金額
借入金 10,200 当座 10,200
前受収益 225 ※1 為替差損益 225
支払利息 408 ※2 当座 408

※1 300-75=225
※2 100ドル×4%×予約日FR102円=408

 

独立処理

独立処理では、ヘッジ対象である外貨建金銭債権・債務とヘッジ手段である為替予約を別個に処理します。
決算時にヘッジ対象である外貨建金銭債権・債務を決算時の直物為替相場により換算し、ヘッジ手段である為替予約は時価によって評価します。なお、評価差額は「為替差損益」として処理します。

 

<例>
独立処理による各時点の仕訳を示しなさい。

(1) x1年1月1日(取引日・予約日)
(2) x1年3月31日(決算日)
(3) x1年4月1日(期首)
(4) x1年12月31日(返済日)

当社はx1年1月1日に100ドル(返済日:x1年12月31日、年利4%、利息後払い)の借入を行い、同時に元利総額について為替予約を行った。
なお、当社の会計期間は4月1日から3月31日である。

 

日付 直物レート(SR) 先物レート(FR)
x1年1月1日(取引日・予約日) 105円 102円
x1年3月31日(決算日) 108円 103円
x1年12月31日(返済日) 110円 110円

 

【解答・解説】
(1) x1年1月1日(取引日・予約日)
➀取引時

借方 金額 貸方 金額
当座 10,500 ※1 借入金 10,500

※1 100ドル×SR105円=10,500

 

➁予約時

仕訳なし

借入の仕訳のみで、為替予約に関する仕訳は不要です。

 

(2) x1年3月31日(決算日)
➀借入金の期末換算替

借方 金額 貸方 金額
為替差損益 300 ※1 借入金 300

※1 100ドル×CR108円-10,500=300

 

➁利息の見越計上

借方 金額 貸方 金額
支払利息 108 ※1 未払利息 108

※1 100ドル×4%×3月/12月×CR108円=108

振当処理では予約日FRで利息の見越計上をしましたが、独立処理では決算日レートを使用します。

 

③為替予約の期末評価

借方 金額 貸方 金額
為替予約 104 ※1 為替差損益 104

※1 (100ドル+100ドル×4%)×(決算日FR103円-予約日FR102円)=104

 

(3) x1年4月1日(期首)

借方 金額 貸方 金額
未払利息 108 支払利息 108

 

(4) x1年12月31日(返済日)
➀借入金の決済

借方 金額 貸方 金額
借入金 10,800 当座 11,000 ※1
為替差損益 200 ※2
支払利息 440 ※3 当座 440

※1 100ドル×SR110円=11,000
※2 11,000-10,800=200
※3 100ドル×4%×SR110円=440

 

➁為替予約の決済

借方 金額 貸方 金額
現金預金 832 ※1 為替予約 104
為替損益 728

※1 (100ドル+100ドル×4%)×(決済日SR110円-予約日FR102円)=832

 

まとめ

振当処理の手続きをまとめると次のようになります。

取引発生時以前に予約(同時予約を含む) 取引発生後に予約
非資金取引(売上・仕入など) ➀ ※1 ➁ ※3
資金取引(貸付・借入・社債発行など) ➁ ※2 ➁ ※3

➀ 外貨建取引と外貨建金銭債権・債務を予約日の先物為替相場(FR)で換算する。
➁ 外貨建金銭債権・債務を予約日の先物為替相場(FR)で換算し、帳簿価額との差額を直々差額と直先差額に分けて処理する。

※1 為替予約差額は発生しない。
※2 直先差額のみ発生する。取引日の為替相場と予約日の為替相場が同じであるため直々差額はゼロ。
※3 直々差額と直先差額が発生する。

 

 

独立処理の手続きをまとめると次のようになります。

  • ヘッジ対象である外貨建金銭債権・債務とヘッジ手段である為替予約を別個に処理する。
  • 決算時にヘッジ対象である外貨建金銭債権・債務を決算時の直物為替相場により換算する。
  • 決算時にヘッジ手段である為替予約は時価によって評価する。
  • 評価差額は「為替差損益」として処理する。
  • 「取引発生時に同時予約した場合」でも、「取引発生後に予約した場合」と同じ処理になる。

人気新株予約権の取得者側の仕訳・会計処理【保有目的に注意】

-簿記

© 2021 BIT 会計ファイナンス