収益認識基準

簿記

【収益認識・変動対価】最頻値法と期待値法の見積もり方法をわかりやすく解説【簿記】

変動対価とは、顧客と約束した対価のうち変動する可能性のある部分のことをいいます。 変動対価が含まれる取引 値引き、リベート、返金、インセンティブ、業績に基づく割増金、ペナルティー等の形態により対価の額 ...

簿記

【収益認識・契約変更】独立した契約と新しい契約を締結したものと仮定した場合の仕訳

顧客に一定数の同じ製品を販売する契約を締結し、一部の製品を販売した後に、契約を変更して同じ製品を追加で販売することに同意した場合などは、契約変更の内容に応じて「独立した契約として処理する方法」「既存の ...

簿記

【簿記】収益認識基準による売上諸掛の自社負担と先方負担の仕訳について解説

売上諸掛とは、商品の販売時に発生する発送費や荷造費などの費用のことで、販売諸掛と呼ばれることもあります。 売上諸掛の会計処理は、自社負担なのか、先方負担(相手負担)かによって記帳方法が異なります。 2 ...

簿記

【変動対価】返金負債が生じる売上割戻(リベート)の仕訳、会計処理について解説

収益認識基準の適用により、売上割戻(リベート)の処理方法が変わりました。 この記事では、返金負債が生じる売上割戻の会計処理について解説します。 変動対価と売上割戻(リベート) 変動対価とは、顧客と約束 ...

簿記

【契約負債】複数の履行義務の充足に関する仕訳、会計処理について解説【契約資産】

複数の履行義務の充足とは、1つの取引の中に異なる履行義務が含まれている場合で、その履行義務が果たすことをいいます。 具体的には、「製品の販売とそれに伴う保守サービスを提供するという契約」や「商品Aと商 ...

© 2022 BIT 会計ファイナンス