簿記

預金 複数

簿記

【簿記】複数の普通預金・当座預金がある場合の仕訳、貸借対照表の表示科目について解説

複数の普通預金口座や当座預金口座などを開設している場合、口座の種類によって仕訳や勘定科目が異なります。 特に当座預金口座が複数ある場合で、当座借越が生じているときは注意が必要です。 普通預金口座 一つ ...

未収入金 違い

簿記

未収入金とは?未収金、未収収益、売掛金との違いに注意

未収入金は、営業活動以外の取引の未回収金額を計上するときに用いる勘定科目で、貸借対照表の流動資産の部に表示されます。 この記事では、未収入金と混同しやすい勘定科目について解説します。 未収入金が発生す ...

簿記

【簿記】手形の更改:利息を額面に含める場合と含めない場合の仕訳について解説

手形の更改とは、支払期日を延長するために、旧手形を回収して新しい手形を振り出すことをいいます。 それにより、支払人は延長期間分の利息を受取人に支払うことになります。 この記事では、手形の更改について解 ...

旧定率法 計算式

簿記

【簿記】旧定率法の取得から除却までの償却方法・計算式について解説【耐用年数経過後も償却が終わらない点に注意】

定率法の償却率は、平成19年3月31日以前に取得したものは旧定率法が採用されます。 平成19年4月1日以後に取得したものは250%定率法が採用され、平成24年4月1日以後に取得したものは200%定率法 ...

簿記

【簿記】小売棚卸法と三分法の違いをわかりやすく解説【例題で比較】

商品売買の記帳方法は三分法以外にも分記法、総記法、売上原価対立法、小売棚卸法などの方法があります。 この記事では「三分法」と「小売棚卸法」の違いと仕訳の方法について説明します。   小売棚卸 ...

© 2022 BIT 会計ファイナンス